読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AlexanDerの日記

芸術、耐久スポーツ、ウェイトトレーニング、人類学などについて

恐竜と日本酒と私

久しぶりの更新です。インターンに気を取られて全く研究が進まない、本業疎か系大学院生です。つい一昨日は、学祭の舞台で漫才をしたりもしました。

さて、昨日は祝日でしたので、後輩と大阪で遊んできました。どちらも大阪出身ですが、まだまだ十分に楽しめました。大阪も知らない面白い楽しいところがいっぱいあるので、大阪で働くのもいいなと思いました。ずっと関西からは脱出したいと思っていたのですが。

 

f:id:AlexanDer:20161124222534j:imagef:id:AlexanDer:20161124222544j:imagef:id:AlexanDer:20161124222552j:image

これらの写真は、大阪港近くの天保山ミュージアムで開催されていた「恐竜博」で撮ったものです。一応、生物学をやっている身として、とても興奮しました。古代のヒトとはまた違ったロマンがあっていいですね。巨大な大腿骨の写真もテンション上がりました。

 

これをお昼頃まで見た後、大阪なんばに行きました。なんばグランド花月で行われる新喜劇を観るためです。漫才(師匠クラスのコンビばっかりでした。ザ・ポンチ、オール阪神・巨人など)、落語(小話つらつら系)を見た後、テレビ収録が入り、新喜劇でした。内容のほとんどは、いつもの伝統芸能なんですけどね。それでも面白く、長時間口を開けっぱなしでヘラヘラしていたので、喉がカラッカラになりました。

 

ここからが、この日のピークを迎えるのですが、裏なんば(劇場周辺)と呼ばれる場所で飲み歩いてきました。歩くのは健康にいいことですからね。

 

1軒目は、大阪焼きトンセンターというお店。豚のホルモン焼きのお店です。立ち飲みで。軽くビールと、焼き盛り合わせ、もつ煮込み、ポテサラなどを頼み。ウォームアップです。中でも、盛り合わせがうまかったです。

 

f:id:AlexanDer:20161124222600j:image

 

2軒目はしっかり目に飲みました。「日本酒と私」という小説のタイトルのような名前のお店です。ここが本当に凄すぎました。コスパが良すぎるんですよね。すき家の朝定食くらいコスパがいいんです。

下の写真のようになみなみと日本酒を注がれて、これで500円くらい。味の好みを定員さんに伝えるもよし、冷蔵庫に入っている瓶のラベルを見て決めてもよし、後ろの壁に貼ってあるラベルを見て決めるもよし。

 

f:id:AlexanDer:20161124222604j:imagef:id:AlexanDer:20161124222609j:image

 

料理も最高にコスパがいいです。コスパがいいという言い方は、そんなにいい言葉ではないですね。別の言い方をすると、めっちゃうまい! です。ホッケ、ハム、エイヒレの炙り盛り合わせが、650円。おかしすぎる値段設定。二人で行って、6種類の日本酒を飲み、きゅうりのたたき、炙り盛り合わせを食べて、3000円。裏なんばどうかしてるぜ。

f:id:AlexanDer:20161124222614j:image

 

f:id:AlexanDer:20161124222617j:image

 

そして、混んできたのでそろそろ3軒目に行くという旨を伝えると、店員さんと横のお客さんが一緒になって考えてくれました。大阪人あったかい。すると、このお店の元店主が独立して作ったお店が歩いて10分くらいの場所にあるということで、そこに行くことにしました。

道に出て、グーグルマップを頼りに歩くも、迷子になってしまいました。すると、先ほどのお店にいたおじさんが、声をかけてきてくれました。そして、なんと次のお店まで案内してもらえました。大阪人あったかすぎる。

 

3軒目は、「日本酒や一路」という座って飲める日本酒のお店です。2軒目と同じくらい素晴らしいお店でした。ただ、すでにべろんべろんだったので、一杯だけ頼んで、逃げるようにお店を出ました。下の写真のなみなみ具合すごいですよね。

f:id:AlexanDer:20161124222619j:image

 

こんな感じでフラフラになりながらも、楽しく裏なんばで飲み歩きました。また、同じことしても同じくらい楽しめると思います。大阪は楽しいですね。酒飲み満足度高すぎる夜でした。