毎日の文トレ

日々感じたことや考えたことを書き殴ります。

【2日目】イギリスぶらり旅

「なぜあなたは旅行先にイギリスを選んだのですか」

 

世界一入国審査が厳しいと言われるヒースロー空港で答えるのに一番困った質問だ。「なぜあなたは弊社に就職したいのですか」という就活の面接で定番の問いを思い出して、ニヤッとした。「観光したいからです」と答えたが、納得してもらえなかったので、「スカイ島に行きたいんです」と言い直した。

 

すると、「スカイ島には1人で行くのですか」と聞いてくるので、「いや、4日間のツアーですよ」と言った。何も表情を変えずに「他はどこに行くのか」と間髪入れずに聞いてくる。こりゃ、マークされていると思った。アジア人の一人旅は怪しまれて当然である。日本ですでにプリントアウトしてきたチケットやらツアー、ホステルの予約票をザックの奥から引っ張り出し、全てを手渡した。これでなんとかなったようだ。

結局1時間以上かかって、なんとか入国を済ますことができた。

 

地下鉄で市内に向かい、トラファルガー広場やイギリス国会議事堂、ウェストミンスター寺院などを見た後はホステルへ向かった。

野村 嘉孝さんの写真野村 嘉孝さんの写真

ホステルの宿泊費は£11.75で日本円にすると1645円くらい。ホステルという見知らぬ人たちが同じ空間で寝るシステムは初めてだった。受付は割と綺麗な印象を受けたが、中はとても汚く、床にトイレットペーパーの残骸が散らばっていて、これがホステルか。と妙に納得してしまった。食堂エリアには日曜の夜だったので多くの若者たちが談笑していて、居心地が悪かった。下水の匂いがするシャワールームで水圧の弱いシャワーを浴び、ぐっすり眠り込んだ。

 

深夜2時ごろに2回警報が鳴り、明朝4じごろに酔っ払いが部屋の照明を点け、ごそごそを荷物を漁り始めるという事件があった。ドミトリーなんてこんなもんよな。イギリス最終日の夜も同じホステルを取ったことを後悔しつつ、イギリスでの夜は過ぎていった。